時事ネタ

高岡ニュース トヨタ自動車がミャンマーに工場 他5記事

高岡がお客様との会話に引き出しとして
様々なニュースの中からチョイスし
整理されたネタを提供しております。

 

トヨタ自動車がミャンマーに工場

トヨタ自動車がミャンマーに初工場を建設することを発表した。大型のピックアップトラックを年間数千台生産する計画。投資額は数十億円を見込む。新たな拠点を置くことで、急速な成長が期待されるミャンマー市場の開拓に布石を打つ。

  • ポイントは、中国や東南アジア諸国の人件費が高騰してきている中で、ミャンマーという国に目を付けたこと、また、トヨタが海外進出国は、他の企業も参入することが多いため、ミャンマーという国にも注目である。

 

英国メイ首相辞任へ

英国のメイ首相が6月7日に辞任することを表明した。

  • ポイントは、後任候補はEU離脱強硬派が多いことである。メイ首相は対話の中での離脱を模索し続けたが、国内をまとめることができず保留となっていた。今後就任する見込みの人は、強硬離脱派が多く、EU全体に大きな影響を与えるとみられる。

フランスルノー経営統合を検討

欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とフランス大手ルノーは27日に経営統合に向けた交渉を確認すると発表した。

  • ポイントは、ルノーが経営統合することにより、日産への影響が少なくない。
    また、ルノーは中国市場に弱いため、カバーする狙いがあると考えられる。

日米首脳会談

27日に日米首脳会談が行われた。争点は、拉致被害の問題と、日米の貿易問題である。拉致被害に関しては、双方合意がなされた一方で、貿易に関しては、8月に重要な発表をすると留めた。

  • ポイントは、7月に選挙を控える安倍政権に対してトランプ氏が譲歩し、8月の発表に留めているものの、農産物等・車の貿易に大きな影響を及ぼす見込みであること。
  • また、別の一面としては、トランプ氏のツイートで衆参同時選挙の可能性が強まったこと。

布川事件、国賠訴訟・警察と検察の違法行為が冤罪を招いたと認める判決

布川事件で冤罪を認め、弁護士費用を含む7,600万の支払する判決をした。

  • ポイントは、今後の裁判において、検察側は判決に必要な証拠を利害関係なしに提出しなければならないという本文があり、今後の裁判に影響がでるとみられる。また、今回の判決で、司法の信用が上がる判決をしている。

銀行交渉で損をしない財務力UP講座

永続企業を運営していく承継側の2代目また次世代の若手オーナーが
特に課題としてあげられるのが銀行交渉です。

銀行交渉で損をしないこと=会社運営の財務に長けていることです。

その2つを同時に学ぶことができる財務勉強会を設立しました。
先ずは説明会セミナーを開催致しております。

詳しくはこちら

コメントを残す

*