時事ネタ

最低賃金引上げ、上げ幅の縮小は不可避 他2記事

高岡がお客様との会話に引き出しとして
様々なニュースの中からチョイスし、整理されたネタを提供しております。

最低賃金引上げ、上げ幅の縮小は不可避

直近では4年連続で約3%の引き上げが続いたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う景気の悪化により、中小企業団体が賃上げの凍結を求めている。

  • ポイントは、過去にもリーマンショックや東日本大震災の後は引上げ幅が圧縮されているが、引上げを凍結すれば経済が冷え込み、雇用が維持できなくなる恐れがあり、議論は難航する模様。

NY株、1カ月ぶり安値 730ドル安 アメリカ感染拡大懸念

直近では4年連続で約3%の引き上げが続いたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う景気の悪化により、中小企業団体が賃上げの凍結を求めている。

  • ポイントは、過去にもリーマンショックや東日本大震災の後は引上げ幅が圧縮されているが、引上げを凍結すれば経済が冷え込み、雇用が維持できなくなる恐れがあり、議論は難航する模様。

コロナ時代の働き方改革に求められる政策とは

新型コロナウイルスの影響で、働き方の見直しが進んでいるが、世の中のにはテレワークや在宅勤務ができない仕事だってある。知事選候補者の政策にもテレワークの推進やネット環境の拡充といった項目が目立つが、コロナ時代の働き方改革にはどんな政策が求められるのか。

  • ポイントは、在宅ワークが広がる中で、日本古来からの面と向かった営業に固執する経営者も多く、相手に合わせた営業が必要になる。

銀行交渉で損をしない財務力UP講座

永続企業を運営していく承継側の2代目また次世代の若手オーナーが
特に課題としてあげられるのが銀行交渉です。

銀行交渉で損をしないこと=会社運営の財務に長けていることです。

その2つを同時に学ぶことができる財務勉強会を設立しました。
先ずは説明会セミナーを開催致しております。

詳しくはこちら

コメントを残す

*